スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペアリングについて一考



昨年購入したダイスケイギラファ(ネグロス島産)のペアリングを始めました。

2012年11月羽化なので、羽化から約4ヶ月・・・まだ成熟まで微妙に早いような気もしたので、予備にいただいた羽パカの♀を投入してみました。
1時間ほどして覗いてみたところ、交尾中の様子(*^ー゚)b グッジョブ!!

♀殺しが多い種ですが、今のところ♀を攻撃する気配もないので、このまま数日間同居させてみます(油断した頃が危ないんですよね~~~Σ(゚д゚lll))


我が家では、ダイオウヒラタ、本土ヒラタ、ギラファ、オオ、グラン、アンテなどを♂♀同居させてきましたが、ここ数年♀殺しにあった記憶がありません(たまたま運が良かっただけという説もありますがww)

より安全にペア同居を行うにあたって私が思ったのは・・・
①興奮させない
「当たり前だ!!」と思われる方がほとんどだと思います。しかし、当たり前だと思われている方の中でもペアの移動時などに興奮させていたり、臆病になって逃げ回るような環境から同居をスタートさせている方もいらっしゃるのではないかと思います。私の場合、基本的にひとつのスライダーケース内に間仕切りで分けて♂♀を飼育しています。ペアリングのため♂♀を同居させる時は、スッと間仕切り板を抜き取るだけです。なので♂も♀も驚いて走り回ったり、興奮することがありません。

②逃げ場所の確保
ミズゴケに潜り込むことで逃げ場所になっているような気がします。スムーズに逃げ込むスペースがあることで万が一の興奮が収まりやすいように思います。マットに比べミズゴケは潜りやすい=逃げ易いかもしれません。マット飼育をしている時に感じたのは、個体が驚いて逃げるようなときに、虫自身もマットに潜りこむ余裕がないと察するのでしょうか、ケース側面まで逃げ、立ち上がることが多いように思います。そして立ち上がった際に追いかけてきた♂に挟まれているように思いました。ミズゴケだと、これでもか!というくらいに潜り込みます(万全ではありませんが)

③なるべく同じ環境
やはり、同一環境で落ち着いた状況を維持することが大切ではないかと思います。ペアリングがし易い環境を改めて作ること自体が虫に興奮や不安を感じさせるファクターになり得ると感じました。


④メスを取り出すタイミング
長期間♂♀を同居させると、次第に♀が交尾を嫌がるようになります。おそらくこれは♀の体が産卵の準備に入るために生理的に新たな交尾を拒絶をし始めるのではないかと思います。交尾に応じない♀を♂がしつように攻撃することがありますので、追いがけなどで長期間同居させようとすると、ある日突然に♀が殺されることにもなりかねません。♀殺しの多い種は、2~3日の同居で交尾やメイトガードが確認できればひとまず♂♀を分けたほうが良いかもしれませんね。

※あくまでも私の私見によるところですので、上記条件に合致したからといって、絶対に♀殺しが起きないという訳ではありません。♂♀同居はあくまでも自己責任でお願いします。



にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント

承認待ちコメント - - 2013年03月25日 18:04:25

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 門左衛門社長さん - 修造P - 2013年03月25日 18:18:55

> 修造さん、こんにちは!

門左衛門社長さん、こんにちは♪

> ペアリングの仕方も考えないといけませんね^^;

ペアリングは簡単なようで難しいですよね!
♀の数に余裕があると多少安心ですが、♀が少なかったりすると本当にハラハラドキドキです^^;


> あ、そしてblogで紹介の件ですがblog開設してないのですよ(>_<)
> 変なblogは二つ程開設してますが・・・

変なblogですか!!変な想像をしてもいいですか!?(^□^*)がははは…
ぜひクワガタblogも開設してくださいね♪


> 修造さんのペアリング論にポチっとな!

当たり前のことばかり記載してるようで、偉そうに語ってしまい申し訳ありませんでした(笑
ポチありがとうございます♪

承認待ちコメント - - 2013年03月25日 18:40:40

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年03月25日 19:19:07

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年03月25日 19:35:00

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: もこもこ山さん - 修造P - 2013年03月25日 19:49:15

> うちもギラファ再ペアリング中です!

再ペアリング中ですか!
♀殺しが心配ですよね~!寿命が一年ほどなので、成熟の度合いなど見極めが難しいですよね!!


> 産卵セットに何かうんでなさそうなので・・・

いまの時期は温度も微妙ですし、産まない要素がまだたくさん残ってますよね~!
温度25℃くらいが鍵だと思うのですが、我が家も微妙に22~23℃くらいなので、産みが悪いです^^;


> なんていうんでしたっけ?
> 穴通してギュッと絞ってあまった先をチョッキンてするやつ?
> うちは、それでアゴを縛っちゃってますよ(笑)

タイラップですね!
あれで顎を縛れば安心ですね!
私もタイラップは用意してあるのですが・・・いざとなると面倒でついそのまま投入してしまいます^^;


> そろそろ♀出さないと・・・

追いがけしすぎると危ないですもんね~!
お互い頑張りましょう~~♪

Re: Beechanさん - 修造P - 2013年03月25日 20:04:54

> 自分も今まで♀殺しはありませんが、昨年熊本産が同居直後に♀が恐ろしいほど♂に攻撃的でした!
>
> あれはあまりに衝撃的で今でもはっきり記憶しています(^_^;)

ありますね~~!攻撃的な♀、私も見たことがあります!
成熟が足りなんでしょうかね!?あれでは♂に攻撃されても仕方ないという感じですね!!


> 修造さんはたくさんの種類を飼育されているのでペアリングも難しそうですね~。
> 自分は今季も国オオと国ヒラタなので1週間バッチり同居させるつもりです(^^♪

すでに今、5種類ほどすでに産卵セットに投入中だったりします(笑
ちょっと一気に投入しすぎたなぁと反省してます。今年後期に予定していた種まで投入中してしまったので^^;


> ギラファ期待できそうですね!!
>
> 全ポチ♪

このギラファは大丈夫そうですよね!
マット産みなので、他の産卵セットがひと段落してからじっくり投入してみます♪
全ポチありがとうございます(^皿^*●)

Re: ミミさん - 修造P - 2013年03月25日 20:17:54

> お疲れネ ブログ村から 応援に入ったヨ♪
> ホントだ^^  同じだネー^^

でしょ~~~~♪
お互い♀が殺されないよう気をつけましょう~!
ミヤマが爆産してくれること祈ってますね^^
応援ありがとうございます♪

承認待ちコメント - - 2013年03月25日 22:08:16

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年03月25日 22:15:02

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: リクルートさん - 修造P - 2013年03月25日 22:44:54

> こんばんは

こんばんは、リクルートさん

> なるほど〜、とても参考になりますね。
> 今年は初挑戦の個体や超大切な個体をペアリングさせる予定なので♀殺しを一番させないことが第一の段階ですから。

どうもありがとうございます♪
初挑戦の個体や超大切な個体とのことで・・・♀殺しだけは避けたいところですね!!
ペアリングの成功祈ってますね!!


> それとポチ&拍手♪

ポチ&拍手ありがとうございます♪

承認待ちコメント - - 2013年03月25日 22:49:06

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: オバドラさん - 修造P - 2013年03月25日 23:26:50

> お久しぶりです!
> 以前のブログのスマホアプリ、私もインストールしました(^^)

おひさしぶりです!お元気そうで安心しました。こちらのブログも更新してくださいな^^
高度計のスマホアプリ、インストールされたんですね♪
早く夏の採集で活用してみたいですね!楽しみですヾ(@⌒ー⌒@)ノ


申し訳ありません、コメントの記事部分がこちらから返答した際に
不適切な表現と判断されてしまうようなので抜粋しました。


昆虫はより原始的で本能的な活動をしているのでしょうね!
♂は自分の遺伝子を残すために必死になり、♀は無事に卵を残すための生理的変化により身を守り
オバドラさん仰られる通り、本来狭い空間の中で共存するべきものではないのでしょうね。

Re: にゃんぽんさん - 修造P - 2013年03月25日 23:36:01

> 修造さん、こんばんは!

にゃんぽんさん、こんばんは!

> オスの同居期間、同感です^^
> メイトガードしていてもメスが離れようとするとオスが追い回す・・・
> なんとも切ない光景で^^

自然界では自然と離れるペアが、狭い空間の中で適期を過ぎても同居させられる、という不自然な環境因子により♀殺しが起こるのでしょうね。ほかの昆虫や魚などでも♂♀の関係は様々で、ときにはカマキリのように♂が♀の餌になる場合だってある訳です。人間の感情などから考えると切ない光景ですが、原始的、本能的、生理的な要素として考えると自然の摂理なのかもしれませんね!

> たしかにいいタイミングで離さないと痛い目にあうから・・・(>_<)
> たまに気温が下がって肌寒くなるときもありますが、そこは頑張ってもらいましょう♪

ペアリング行動を実際に視認できないと、離すタイミングがとても難しいですよね。
マット、産卵木、温湿度など様々な条件を合わせたいところですが・・・そこな♀に頑張ってもらいたいですよね~~(笑


> 人間も昆虫も異性に対して気が向かないときがあるのは一緒ですね(^o^)

本当ですね!!歳はとりたくない!!(あれ?誤爆???wwww

承認待ちコメント - - 2013年03月26日 00:13:46

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: むしきんぐさん - 修造P - 2013年03月26日 01:04:58

> こんばんは

こんばんは、コメントありがとうございます♪

> 完璧な考察じゃないですか!
> 僕も同じ考えですよ♪

どうもありがとうございます!!
同じ意見と言っていただけて安心しました♪


> といっても国産オオしかブリードしてないので♀殺しは全然気にしたことないですが(笑)

先日紹介した中国ホペイ(サファイア)の♂の気性がどうにも激しくて、まるでダイオウヒラタかお前は!?と言いたくなるほど威嚇してくるんです!!同居させた♀の上羽に気付いたら穴が開いてまして・・・((((;゚Д゚))))
慌てて♀を取り出しました((((;゚Д゚))))
やはり中国はオオクワも好戦的なのか!?と錯覚したほどですwww


> ♀殺しの経験のない修造さんの運の良さ?(笑)
> 技術の高さ!にポチ♪

いえいえ!私のナチュラル飼育は、型にハマらない思いつき飼育なので、それが功を奏してるのかもしれません。って・・・どこがエビデンスに基づいてるんでしょうね(自爆
ポチありがとうございます♪

承認待ちコメント - - 2013年03月26日 02:44:16

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年03月26日 08:33:41

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: えたくわさん - 修造P - 2013年03月26日 11:23:24

> 修造さん、こんばんは。

えたくわさん、こんにちは。

> 修造さん理論参考にさせていただきます。
> うちの期待のニジイロが仲悪いんですよ。
> ♂がようやく羽化して3か月くらいの個体ですから
> まだまだ成熟してないんでしょうね。
> しばらく待ってから頑張ってみます。

どうもありがとうございます。
ペアリングはすんなりいく個体や悩む個体など様々ですよね~!
ニジは♀殺しの少ない種とは言われてますが、攻撃をしているとなるとまだ同居は早そうですね!!
基本的に交尾欲の強い種なので、成熟すれば自然とペアリングが成功しそうですね♪
羽化から3ヶ月とのことで、あと少しで成熟しそうですね。
応援してます、頑張ってください。

Re: セバスさん - 修造P - 2013年03月26日 11:43:50

> こんにちは

セバスさん、こんにちは^^

> ダイスケイブリですか!
> ギラファは同居させとくと♀の背中に傷ついたり足がもげたりするのでノコ系は温厚な種ではないようです。
> ファブリース、ウォーレス、ミラビリス、ギラファを今までやりましたが、ファブリースとミラビリスは特に♀殺しが多かったです。

ノコ系はたしかに凶暴ですよね!動きも早くあっという間に長い大顎で獲物を捕らえるという感じですよね!
ミラビリスは飼育したことがありませんが、皆さんがブログで紹介する写真、どれを見てもカメラを威嚇するようなポーズばかりで・・・見るからに獰猛そうですよね(笑


> そういえばこの前ディディエール同居させといて忘れてしまい♀が下半身不随になってしまいました。

ディディエールもかなり凶暴で♀殺しが多いみたいですね!!
下半身不随だとブリードは無理そうですね^^;


> ホペイがかなり凶暴みたいなんですが、環境にまだ慣れていないかまたは時期的な問題だと思います。
> なぜか冬にオオクワをブリしようとすると♂が、♀を攻撃します。
> やっぱりホペイ、日本産オオクワは本来活動する時期にブリードしたほうがいいのかなって思います。

ホペイはまだ我が家に来て間もないことと、今までがマット飼育で、我が家へ来てミズゴケ飼育へ切り替えたことで環境に慣れていない可能性が高いですよね!自分で記事に興奮させない、環境を・・・なんて記載しているのに、なにをやってるんでしょうね^^;(オオクワ系は大丈夫だろうと油断した自分が甘かったですw)
冬は越冬で自分の生命を守ることが中心になるので、ほかの生体はすべて邪魔者なのかもしれませんね!?
やはり昆虫の本能って凄いですね。。
アドバイスありがとうございます(^皿^*●)

トラックバック

URL :

プロフィール

修造P

Author:修造P
2児のパパです。
子供に買ってあげた外国産クワガタがきっかけで、ずぶずぶとカブクワ道にはまってしまいました。カブクワ飼育や採集記録のブログになります。

FC2カウンター
「修造のカブクワ道」ブログカテゴリ
●飼育環境 (43)
飼育用品/設備 (15)
飼育方法 (4)
日常の管理 (9)
冷やし虫家 管理温度 (1)
カブクワグッズ (13)
●採集関連 (28)
採集機材/用品 (17)
灯火採集報告 (11)
●国産オオクワガタ (38)
2012採集東北T産 (3)
2012採集東北M産 (12)
クワデリさん血統新潟産 (12)
むしきんぐさんマツノ血統 (1)
兵庫県 阿古谷産 (4)
MANDIBRES〈〈葵〉〉 (6)
●国産クワガタ (14)
Randyさん血統ヒラタ (3)
トカラノコギリ(悪石島産) (4)
サキシマヒラタ(石垣島崎枝) (6)
●外国産クワガタ (79)
ケイスケイギラファ(フローレス) (17)
ダイスケイギラファ(ネグロス島) (3)
ダイスケイギラファ(パナイ島) (5)
中国ホペイ(サファイア血統) (3)
インドグランディス(マニプール州) (4)
パキスタンアンテ(カシミール) (17)
ミャンマーアンテ(カチン産) (1)
スマトラヒラタ(スーパーアチェ) (4)
ダイオウヒラタ(アルゴプーロ) (11)
ユダイクスミヤマ(トルコ産) (2)
メタリフェルホソアカ(ペレン島) (6)
ニジイロクワガタ (1)
ニジイロ(スーパーグリーンFB) (4)
アスタコイデス(シンナモメウス) (1)
●カブトムシ (7)
エレファスゾウカブト(カテマラ) (7)
●その他の昆虫 (0)
●標本制作 (5)
2012年採集個体 (5)
●飼育終了種 (31)
パラワンヒラタ(Mt.ガントン) (11)
ダイオウヒラタ(ジャワ島) (6)
アルキデスヒラタ (1)
パプアキンイロ (1)
ミヤマクワガタ (3)
コクワガタ (2)
D.h.ヘラクレス(グアドループ) (2)
国産タガメ(鬼怒川水系産) (5)
●トラブル (2)
幼虫の脱腸について (1)
WDにありがちなダニ対策 (1)
●SHOP巡り (2)
●その他 (3)
クワガタBLOG最新記事

にほんブログ村 クワガタ

クワガタブログが紹介されています♪

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村に参加しています♪

リンク
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。