スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛹室って凄い!



パキスタンアンタエウスの菌糸瓶です(F1とありますが、我が家で一代目という意味で、累代はWF2です)。
2月19日に交換した瓶で、冷やし虫家内で管理していたのですが、この瓶だけ劣化が酷く・・・



IMGP0234.jpg

こんな環境下でも、きちんと蛹化してくれました。
画像からも分かるとおり、蛹室の周辺はオガで守られているかのようです。

おそらく、蛹室作成の際に幼虫が周辺の環境を自分で変えたものと思います。
蛹室壁を形成する糞中のバクテリア作用により浄化されているのではないでしょうか!?







にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント

承認待ちコメント - - 2013年04月30日 12:22:52

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年04月30日 17:33:35

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年04月30日 17:47:23

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年04月30日 18:24:39

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年04月30日 21:30:03

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 一さん - 修造P - 2013年04月30日 23:07:59

> お久しぶり~です!携帯調子悪くなかなかブログ拝見できずでした!!
> 昨日スマホデビューです!これからも拝見させてもらいます~。

おひさしぶりです^^
スマホデビューされましたか~!
我が家はスマホアプリゲームに子供とハマってしまい、なかなか忙しいです(笑
これからもよろしくお願いします♪

Re: 大門大王さん - 修造P - 2013年04月30日 23:10:50

> 修造さん、こんにちは!

大王様、こんばんは!

> 我が家には、こういうビンはいっぱいあります。
> こういうビンにコバエがたくさんいるんです。
> でもやっぱり我が家のよりは全然きれいかな!

幸い我が家の瓶にコバエはいないので、急激な劣化は免れているかもしれません!
詰め詰めする菌糸ブロックにコバエのタマゴが入ると湧いてしまいますよね~!


> アンテ完品羽化しますようにポチ♪

どうもありがとうございます♪
5月中には羽化すると思います。楽しみです♪

Re: うめぞーさん - 修造P - 2013年04月30日 23:15:49

> アンテいいですよね。
> 私がアンテから離れてどれくらいに
> なるでしょうか??

アンテはまた独特な魅力がありますよね!
ある程度大型が作出しやすいのも魅力的です^^
またアンテに戻ってくださいな~♪


> 写真見たかんじでは、劣化はしてますが、
> 良い蛹室です。
> これはこのまま羽化ですかね!!

劣化も緩やかで、蛹室の周囲はとてもしっかりしていますよね!
私もまったく心配していません^^
このまま羽化させます!


> でも飼育者って余計なことしてしまうのです。
> 【私最近、必要ないのに蛹が見たくなるのです】

つい弄りまわしてしまいますよね!!
でも、それもまた楽しみですから~♪
我慢は身体に毒です(爆


> では、失礼いたします(*^^)v

どうもありがとうございます~♪

Re: もこもこ山さん - 修造P - 2013年04月30日 23:20:05

> この時期に蛹はいいかもですね

この時期ですと、極端に寒くも暑くもないので安心して見守れますね♪
自然界の国産クワのようなタイミングで出現してくれるペースかもしれないので、ブリードなどの管理もしやすいと思います。

> 以前インドアンテやってたとき、暑いせいか羽化不全が結構でちゃいました・・・
> WF1なのに・・・

暑さで羽化不全ですか!
最後の最後で羽化不全は厳しいですね!しかも丈夫なWF1とは・・・


> よくブリードわかりませんが、低温がいいんですかね?
> 完品羽化願ってまーす!

アンテ系は18~20℃くらいが良いみたいです。
完品羽化してくれると思います!頑張ります♪
応援ありがとうございま~す!

承認待ちコメント - - 2013年04月30日 23:28:35

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: にゃんぽんさん - 修造P - 2013年04月30日 23:29:50

> こんばんは!修造殿

こんばんは!にゃんP殿~^^

> 菌糸の状態、、、うちでもそのようなことがありますよ~

やはり皆さん当たり前にありますよね~(笑
奥の方で半ば放置に近い瓶が、こんな感じになってたりします!
で、しかも中の個体は意外に大きかったりしますよね(爆


> 同じブロックから詰めた物でもなぜか1本だけ超劣化したり。
> まったく同じ環境下に置いてあるのにこの差はなんだろな?と^^

私も同様に疑問に感じました。
同じロットのブロックから詰めたのに・・・
詰めた瓶内のバクテリアや菌の優位状態の違いなのでしょうか!?


> 微妙な影響でこのような状態の物が出てくるのだとは思いますが、なかなか一筋縄ではきませんね~
>
> でも蛹室ってけっこう丈夫だからよほどのことがない限りは平気だと思います♪

食い上げや暴れ、劣化など、菌糸瓶て本当に難しいですね!!
この蛹室は私も心配していません♪
蛹室としては、かなり状態が良い方ですよね♪

Re: yoko3さん - 修造P - 2013年04月30日 23:34:53

> これが以前言っていたビンですか!?
> 劣化してしまっていますね。

そうですね!以前にコメントさせていただいた劣化した菌糸瓶になります^^
詰めて1ヶ月とは思えないほど急激に劣化しました(汗


> しかし蛹室の周りはやはりすごいですね!
> ぼくも同じ状態(何度も言っていますね 笑)なので分かります!
> 蛹の状態は一番(かな?)無防備なのでよく守るといった本能なのでしょうか。
> 蛹室周りは影響がありませんね!

蛹室~周辺までの状態は良好に見えますよね!!
蛹室内部にカビやキノコが見えるようだと早期に救助(人工蛹室)しますが、あとは底面にベタに蛹室を作った場合以外は、そのまま様子を見ることにしています。幼虫って、本当に周囲の環境を上手く調整して蛹室を作っているように見えます♪

承認待ちコメント - - 2013年04月30日 23:47:06

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年05月01日 08:07:23

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: むしきんぐさん - 修造P - 2013年05月01日 23:35:24

> こんばんは

こんばんは、むしきんぐさん♪

> うちにも劣化の激しい瓶が何本かありますが、いまのところ問題なしに蛹室を作ってくれてますね。

やはり昆虫の生命力というか、環境への適応力には驚かされることがありますね!!
飼育者があまり神経質になりすぎると、かえって悪影響なんでしょうね(笑


> お互い無事羽化するといいですね♪
>
> ポチっと応援しましたよ(#^.^#)

お互い無事羽化&楽しめるといいですね♪
ポチリ&応援ありがとうございます~~o(^▽^)o

Re: クレージーサマー森崎さん - 修造P - 2013年05月01日 23:40:30

> 蛹室を作る際、糞で作成するのはバクテリアと深い関係があるんでしょうね\(^^)/
>
> 無事羽化できますように(祈) \(^^)/

もともと消化酵素がないので、体内のバクテリアに依存しているらしいですもんね!!
防護壁の役割まで果たすなんて、かなり秀逸なバクテリアですね!!
羽化祈願ありがとうございます!頑張ります!

トラックバック

URL :

プロフィール

修造P

Author:修造P
2児のパパです。
子供に買ってあげた外国産クワガタがきっかけで、ずぶずぶとカブクワ道にはまってしまいました。カブクワ飼育や採集記録のブログになります。

FC2カウンター
「修造のカブクワ道」ブログカテゴリ
●飼育環境 (43)
飼育用品/設備 (15)
飼育方法 (4)
日常の管理 (9)
冷やし虫家 管理温度 (1)
カブクワグッズ (13)
●採集関連 (28)
採集機材/用品 (17)
灯火採集報告 (11)
●国産オオクワガタ (38)
2012採集東北T産 (3)
2012採集東北M産 (12)
クワデリさん血統新潟産 (12)
むしきんぐさんマツノ血統 (1)
兵庫県 阿古谷産 (4)
MANDIBRES〈〈葵〉〉 (6)
●国産クワガタ (14)
Randyさん血統ヒラタ (3)
トカラノコギリ(悪石島産) (4)
サキシマヒラタ(石垣島崎枝) (6)
●外国産クワガタ (79)
ケイスケイギラファ(フローレス) (17)
ダイスケイギラファ(ネグロス島) (3)
ダイスケイギラファ(パナイ島) (5)
中国ホペイ(サファイア血統) (3)
インドグランディス(マニプール州) (4)
パキスタンアンテ(カシミール) (17)
ミャンマーアンテ(カチン産) (1)
スマトラヒラタ(スーパーアチェ) (4)
ダイオウヒラタ(アルゴプーロ) (11)
ユダイクスミヤマ(トルコ産) (2)
メタリフェルホソアカ(ペレン島) (6)
ニジイロクワガタ (1)
ニジイロ(スーパーグリーンFB) (4)
アスタコイデス(シンナモメウス) (1)
●カブトムシ (7)
エレファスゾウカブト(カテマラ) (7)
●その他の昆虫 (0)
●標本制作 (5)
2012年採集個体 (5)
●飼育終了種 (31)
パラワンヒラタ(Mt.ガントン) (11)
ダイオウヒラタ(ジャワ島) (6)
アルキデスヒラタ (1)
パプアキンイロ (1)
ミヤマクワガタ (3)
コクワガタ (2)
D.h.ヘラクレス(グアドループ) (2)
国産タガメ(鬼怒川水系産) (5)
●トラブル (2)
幼虫の脱腸について (1)
WDにありがちなダニ対策 (1)
●SHOP巡り (2)
●その他 (3)
クワガタBLOG最新記事

にほんブログ村 クワガタ

クワガタブログが紹介されています♪

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村に参加しています♪

リンク
最新記事
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。